剣道で強くなるためには、どんな練習をすればいいのでしょうか? 早く強くなりたい、相手に勝ちたいと焦ってしまいがちですが、まずは、基礎をしっかりと身につけることが大切です。 ただしい構えでちゃんと素振りをする、身につくまでくりかえし繰り返し基本打ちを行うといった地道なことを続けるのが、結局は上達への近道なのですね。 それに、剣道では足捌きも重要です。 剣道の足捌きは一朝一夕に習得できるものではありませんから、気長に練習するようにして下さい。 強い人は手に頼らず、遠い位置からの攻防を行うことが多いものです。 手打ちになってしまわないように、常に下半身の動きを意識して練習を行うようにするといいでしょう。 手打ちで勝てるのは対戦相手が弱いうちだけで、すぐに壁にぶつかってしまいますから、最初のうちは勝てなくても、下半身を重視した練習を行うようにするのがオススメです。 目先の勝ち負けにとらわれないで、もっと先の将来を見据えて、基礎的なことから着実に自分のものにしていって下さいー